スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

スワンレイクビール アンバースワンエール  (日本 新潟産ビール)

「スワンレイクビール」の受賞歴をすべて紹介すると、それだけでこのページが埋まってしまう。
国内では1998年から毎年受賞を重ね、海外でも2000年のワールドビアカップ金賞を皮切りに、2004年の2銘柄受賞、2006年の金賞、2008年銅賞、。そのメダル数は、国内外合わせて44個に上る
なかでも、コンテストで常に好成績を収める「ポーター」、地元新潟産の「コシヒカリ仕込み」とともに、圧倒的に人気を誇るのが「アンバースワンエール」である。
美しい琥珀色のビールからは、まずしっかりとしたホップの香と強い苦味を感じる。更にキャラメルや焦げた砂糖菓子、ナッツやマロンのような甘みが迫り、後口には再びしっかりとした苦味・・・その余韻は、長く伸びやかである。
私はこのビールにくるみや渋皮つきビーナッツ、春菊やインゲンの胡麻和えを合わせるのが楽しみの一つ。
クリームブリュレなどの洋菓子にも不思議とマッチする楽しいビールである。

スワンレイクビール

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2014.12.29(Mon) PageTop

レッドフックESB  (アメリカ ワシントン州産ビール)

『レッドフック』の生まれたシアトルは、イチローが所属していたマリナーズの本拠地として馴染みのある街。ホップの産地ヤキマバレーに近く、クラフトビールの生産が盛んな地域である。
「レッドフックESB』を開栓すると、はっきりとしたモルトの香ばしさとカラメルのうっとりする香りが、そのまま閉じ込められている。口に含んだときの甘みは、まさにグラマラス。しかし、一切べたつかず、すぐに苦味がすっと表れる。女性を先に導いてすぐさまフォローに回る、紳士のエスコートのように優雅である。
去り際の、さり気なくジェントルマンな身のこなしに、思わず『もう一杯』とリクエストしてしまう。食欲がわき、甘辛く煮込んだ骨付きチキンなどを味わいたくなる。
オーナーのゴードン・バウカー氏はスターバックスコーヒーの創立者でもあり、スタイリッシュなセンスは『レッドフック』でも同じである。「ロングハンマーIPA」など人気の高い銘柄が多い。

レッドフック

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2014.06.09(Mon) PageTop

志賀高原IPA  (日本 長野県産ビール)

「志賀高原ビール」の玉村本店は、創業1805年の日本酒蔵元だ。そこから数えること約200年の04年に、「志賀高原ビール」が産声を上げた。日本で地ビールが解禁された1994年から10年。歴史ある酒造メーカーが、満を持して地ビールに参戦したのである。
「志賀高原ビール」のコンセプトは、「自分たちが飲みたいビールを造る」。なかでも「志賀高原IPA」は琥珀色と細やかな白い泡のコントラストが魅力的だ。
IPAらしいホップの香りが新緑を連想させ、フルーティーなアロマはみずみずしい印象を与える。
高原を渡る風のようだ。味わいからは柚子やオレンジマーマレードに似た爽やかな香りと苦味が感じられ、モルトの甘味はカラメルや昔懐かしい黄金色の飴を思い出させる。後口には強い苦味が長く残るものの、最後は潔く引いてゆく。
日本では珍しい自家栽培ホップと地元の美山錦米を使った「ミヤマ・ブロンド」など、他には見えない独創的なビールにも挑戦している。

志賀高原ビール

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2014.04.21(Mon) PageTop

箕面ビール ダブルIPA  (日本 大阪府産ビール)

『ダブルIPA』は06年の冬に800リットルだけ仕込んだ限定ビールだったが、あまりの人気のために定番化。現在もラベルは「seasonarl beer」と書かれた汎用デザインのまま、ボトルネックに「double IPA」のシールが手貼りされている。しかも、裏ラベルの「W-IPA」の文字は、なんと手書きだ!
この手作り感こそ『箕面ビール』の魅力でもある。父の大下庄司氏が社長を努め、長女の香緒里さんを筆頭に次女の真友子さんと三女の望さんが醸造を担う家族経営のアットホームなブルワリーだ。小規模ならではの丁寧なビール作りが実践されている。
『ダブルIPA』は06年のジャパン・ビアフェスティバル横浜と08年の東京リアルエールフェスティバルで、来場者人気投票1位を獲得。鮮烈なホップに苦味を持つロの甘さが支え、9%のアルコール感もふくよかでリッチだ。
ほかにも「ヴァイツェン」「ペールエール」など、レベルの高いビールを作っており、その人気の高さにうなずける。

箕面ビール

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2014.01.17(Fri) PageTop

マウイ ビッグ スウェル IPA  (ハワイ産ビール)

ハワイのマウイ島にあるマウイ醸造所は、上質で優秀なビールを数多く作っている。「ビキニ・ブロンドラガー」「ココナッツ・ポーター」「ペールエール」の3銘柄はワールド・ビア・カップ08で入賞。他にも樽で提供する『レッドコックドッペルボック』や『ベルジャンアビーエール』などにも受賞歴がある。
私は「ビッグスウェルIPA」を初めて飲んだ時の衝撃を今も忘れられない。あるビアフェスティバルで試飲したあとすぐさま半ダースを購入した。
そして、その日の晩には全て飲み干してしてしまった。うますぎる。
シトラスフルーツや若葉のような香りが鮮烈である。口に含んでもホップのフレーバーは揺るぎなく、苦味も際立っている。
ホップ好きにはたまらないビールである。香りでホップ、舌でホップ、飲み終わってもしばらくすると腹の底からもホップの躍動を感じるという、まさにホップ三段攻撃を体験できる。
06ねんから販売を開始した缶のデザインも可愛く斬新。人気の一因である。

マウイIPA

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2013.12.17(Tue) PageTop


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。