スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

あさ開 大吟醸  (岩手県産日本酒)

バナナやヨーグルトそして白砂糖、ほんのり青竹を思わせるような香りが印象的。
つるつるした舌触りになめらかな甘みと銀杏を思わせるような苦味が、柔らかい甘みへと上品なつながりを見せる。わずかにココナッツを思わせるような含み香がある。
細切りにした人参を軽くバターで炒めて、あらかじめほぐしておいたタラコを素早く混ぜあわせ、ほんのり白く色が変わったところで皿に盛る。とても手軽な料理だが、酒との相性は最高。どちらも、もう一口進んでしまう組み合わせだ。
この蔵の創業は1871年。柿本人麻呂が読んだ和歌『あさびらき漕ぎ出てくれば武庫の浦のしほひの湯にたづが声すも』にちなんで付けられてもの。「船出」を意味するその歌に託したこの蔵の酒造りへの気概を感じる。
岩手県下での出荷量は1位を誇る。数年も前からコンピューターシステムを導入するなど、製造施設への投資も積極的に行っている。
また、ササニシキやひとめぼれを使った純米吟醸生貯蔵酒も別ブランドで手がけ、岩手の地酒を全国的に広める努力も怠りない。

株式会社 あさ開
杜氏・・・南部
原料米・・・山田錦(40%)
日本酒度・・・+3
使用酵母・・・協会901号
定価・・・4000円


あさ開き

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [日本酒の知識] | 2015.01.30(Fri) PageTop

浜千鳥 大吟醸  (岩手県)

梨、メロン、白砂糖、スイカ、かすかに杉を思わせる香りがあり、全体の香りのボリュームはやや低め。
やわらかな口当たりで、なめらかな甘みにスッキリした酸味がうまく調和している。メロンを食べ終えたあとに残るような心地よい苦味が柔らかい甘味と入り混じる。余韻は長く尾を引く。
酒を口に含み、目を閉じてみると、まるで水を含んでいるかのような錯覚に陥る。すべてが調和した瞬間なのでしょうか。
すると次の瞬間、酒質の骨格をなすであろう苦味の広がりが押し寄せてくる。
真鯛を鰹のタタキ風にしたものに、白髪葱を乗せ、オリーブオイルを数滴垂らした料理とともに味わってみた。お互いの味の主張が調和して意外と合う。
軟質の地下水で仕込まれた『浜千鳥』。この酒は、手作業の洗米に和釜と甑で蒸米し、蓋麹法で作った麹を用いて、じっくり低音で発酵させた酒。大吟醸は、昭和63年、『現代岩手の名工』として岩手県知事賞を受賞した名杜氏、以内理惣治杜氏の息がふきこまれた酒で、現在も同氏の技を継承ている。
蔵の創業は1923年。酒名は、三陸海岸で群れ遊ぶ浜千鳥より命名した。

株式会社釜石酒造商会
杜氏・・・南部
原料米・・・山田錦(40%)
日本酒度・・・+3
使用酵母・・・協会9号系
定価3000円

浜千鳥

Trackback [0] | Comment [0] | Category [日本酒の知識] | 2015.01.15(Thu) PageTop

特醸てづくり七福神 大吟醸  (岩手県)

香りも味わいもスマートで繊細な印象を感じる酒である。「良い酒には看板はいらない」というが、『良いお酒の中身』を良いものとして知ってもらうことが蔵元の仕事と、情熱を注いで酒を醸す蔵。仕込水は北上山地の清水を使う。
同社では別銘柄で「菊の司」も醸している。『菊』という字は、麹や掬など酒つくりに縁が深いのと『菊一輪、世界の花の司かな』という句にちなんで命名したもの。

菊の司酒造株式会社
杜氏・・・南部
原料米・・・美山錦(40%)
日本酒度・・・+4
使用酵母・・・協会9号


七福神  七福神2

Trackback [0] | Comment [0] | Category [日本酒の知識] | 2015.01.14(Wed) PageTop

純米大吟醸 駒泉真心  (青森県)

梅の花やイチゴミルクを思わせる香りになめらかな味わいが特徴。
有機栽培した滋賀の酒造好適米・玉栄と兵庫の酒造好適米・山田錦を使い、南部杜氏によって醸された酒。
仕込水である高瀬川の軟水は、八甲田山の雪解け水が伏流水となったものである。
1872年の創業以来、『酒は家業』という家訓を守り、現在の10代目も量より質を信念に、入念な手作りの酒を求め、酒造にあたっている。

盛庄酒造店
杜氏・・・南部
原料米・・・山田錦・玉栄(40%以下)
日本酒度・・・+3
使用酵母・・・自家酵母

真心

Trackback [0] | Comment [0] | Category [日本酒の知識] | 2015.01.13(Tue) PageTop

北の誉花鳥 大吟醸

メロンを思わせる香りとさわやかな印象を与える甘みが心地よい。銘酒には「北国には誉高い酒であるように」との願いが込められている。
「良い米、良い水、良い杜氏」を目指した酒造りは、北海道の気候を十分に利用したもの。
蔵の創業は1890年。小樽の勝納川野雪解けの伏流水を仕込み水に、長期低温発酵を最大限に活かした杜氏の技術が、厚みのある酒となっている。

北の誉酒造株式会社
杜氏・・・南部
原料米・・・山田錦(35%)
日本酒度・・・+5
使用酵母・・・協会9号

花鳥

Trackback [0] | Comment [0] | Category [日本酒の知識] | 2014.08.15(Fri) PageTop


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。