スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ジョニーウォーカー

ジョン・ウォーカー社の創業は、1820年。エアシャー出身のジョン・ウォーカーが、キルマーノックの雑貨店を買い取り、酒の小売業も始めた。
息子アレクサンダーは、1880年、ロンドンに事務所を開き、自社製のスコッチを大いに売り広めた。当時のブランド名は、国内用がウォーカーズ・キルマーノック・ウイスキー、輸出用がオールド・ハイランドだった。それが、今のジョニーウォーカーに変わったのは、1908年のこと。
この時に赤ラベル、黒ラベルの2銘柄が生まれた。同時に誕生したシルクハットに赤コートの伊達男マークは、1996年に現代的なデザインに変更された。
現在のウイスキーは、スペイサイドのカードゥ、モートラック、スカイ島のタリスカー、ハイランドのクライヌリッシュなどのモルトを中心に、約40種飲もると、グレーンをブレンドして作られる。
赤ラベルは、スコッチのトップセリング・ブランド。全世界で760万ケース以上を売り上げている。
スペイサイド・タイプの華やかな香りと、コクのある味わいが特徴。カードゥがキーモルトとなっている。
黒ラベルは、12年以上熟成のモルトをブレンドしたデラックス品。豊かな香りとコクが楽しめる。キーモルトはカードゥとタリスカー。
コールドは18年以上熟成のモルト原酒をブレンドしたスーパー・プレミアム品で、カードゥとクライヌリッシュがキーモルト。
ブルー・ラベルはウォーカー社秘蔵の古酒を贅沢にブレンドした最高級品で、同じくカードゥとロイヤル・ロッホナガーがキーモルトとなっている。
スイングは、条項なモルトをたっぷり配合した高級酒。船がローリングしても倒れない、特殊な設計のボトルに入っている。

ジョニーウォーカー


スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.28(Fri) PageTop

カティサーク

カティサークとはゲール語で「短いシャツ」の意。
1869年、この名をつけた新鋭帆船が、スコットランドで進水。東洋航路に就航して、船脚の速さで名を上げた。
カティサーク・ウイスキーは、その名船の名を取って1923年に生まれ、ラベルにはその船の勇姿を描いて売り出された。
なお、帆船はその後ほどなくして引退。現在ロンドン郊外のグリニッジに記念物として永久保存されている。
カティーサークは、ライトはスコッチの代表的存在として定評がある。
そのライトさは、味だけではなく、色までに及んでいる。極めて淡い色合いは、ブレンデッド・スコッチの中でも際立ってる。
味のライトさは、ローランド・モルトをベースにしていること、ハイランド・モルトにもグレンゴインやグレングラッサのように穏健なモルトを選んできたことが、大きなファクターになっている。さらに、ごく柔らか味わいのグレーン・ウイスキーをブレンドしてあることも、ライトな味に寄与している。
ライト・ウイスキーという点では、よくJ&Bのライヴァルとみなされている。J&Bは、すっきりして口当たりですが、カティーサークには穀物由来の旨みが残っている感じだ。
12年ものはカティーサークが本来持っているライトな飲みやすさを残し、深い味わいと滑らかさがある。
12年エメラルドは船にちなんで、灯台をモチーフにしたプリズム・ボトル入り。かつてカティーサーク号が碇泊した世界の港が描かれている。
18年ディスカバリーはエメラルドと同じくプリズム・ボトル入り。
長期熟成を経て、更に深いまろやかさが加わっている。
ベリーズベストは一連のカティーサーク・ブレンドとは違った、古典的で芳醇なスコッチとして、第二次世界大戦後に生まれた。
コーヒーミルが描かれているのは、ベリー社がかつてコーヒー専門店であったことの名残である。
ブルー・ハンガーは、18世紀、青いジャケットを着て、ダンディで鳴らしたウイリアム・ハンガーにちなんだ銘柄。
彼は、ベリー社の上客でもあった。麦芽香味まろやかで、快いあと味が舌にじっくり残る。


カティーサーク

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.27(Thu) PageTop

クレイモア

発売元のA・ファーガンソン社はホワイト&マッカイ社の傘下企業。
ホワイト&マッカイ社は、ダルモア、フェッターケン、トミントールなどのモルト蒸留所を擁している。
クレイモアの販売権は、長らくオールド・パーの発売元であるマクドナルド・グリンリース社が握っていたが、
1986年からホワイト&マッカイ社に移った。
スタンダードからプレミアムまでモルト風味豊かで、コシの強い伝統的な味わいのスコッチをリリースしている。
21年ものはハイランダーが描かれたセラミック・ボトル入り。芳醇で熟成感溢れる味わいを誇る高級品です。
なお酒名のクレイモアとは、ゲール語で「双手用の巨刀」の意。


クレイモア


Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.26(Wed) PageTop

バランタイン

バランタイン社の前身は、1827年にジョージ・バランタインがエジンバラで創業した食料品店。
1867年に息子と共にジョージ・バランタイン&サン社に改組して、スコッチ・ウイスキー業界に進出した。
1872年には息子のジョージ・バランタイン・ジュニアが、グラスゴー市に支店を開設。ブレンデッド・ウイスキー事業に情熱を注ぎ、今日のバランタインの基礎を築いた。バランタイン社の経営権は1919年、バークレイ&マッキンレー商会の手に移り、バランタイン一族の手を離れたが、この時以降、創業者に敬意を表して「バランタイン」を商標名にし、社名をそのまま残した。
1936年同社はカナダのハイラム・ウォーカー社取得するところとなり、1987年以来、アライド・ドメック傘下に入った。
同社のモルト蒸留所は、北はオークニー島のスキャパからハイランド地方のグレンドロナック、スペイサイドのミルトンダフや、トーモア、更にアイラ島のラフロイグなど全部で10っ箇所にのぼる。
バランタインファイネストはスタンダード・スコッチのベストセラー。全スコットランドから40種を上回るモルトを集め、
ブレンドして作ったバランスの良いスコッチ。
スモーキーフレーバー樽香が、ほどよく抑えられ、柔らかに溶け込んでいる。
ゴールド・シール12年は熟成感に溢れたプレミアム・スコッチ。約50種のモルト原酒を使ったロイヤル・ブルー12年は、マスターフレンダー、ロバート・ヒックスが25年の経験を傾け、日本人の嗜向に合わせてブレンド。95年IWSC(国際酒類コンペ)でベストブレンデッド・ウイスキー賞を受賞した。
ファウンダーズ(創業者の意)は、ジョージ・バランタインの創業年を記した高級品。30年ものの原酒を含め、充分熟成させたモルトをたっぷり使っている。
17年は、重厚な香り、力強い口当たりを持ちながら、豊かなふくらみを感じさせるまろやかな味わいに特徴がある。
30年は「スコッチの最高峰」と世評の高い珠玉の古酒。30年の年月が磨き上げた、ウイスキーの熟成の極みの味が楽しめる。年間ボトリング総数2500ケースの限定品。


バランタイン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.25(Tue) PageTop

アスコットハウス

発売元のレッド・ファイオン社は、ブレンド専門の会社。
数多くのモルト蒸留所に資本参加し、優良モルトの入手に努力している。
しかも、ブレンド技術が優れていることに定評がある。
その理由の一つに、ブレンドしてから瓶詰めするまで、長期間樽の中でマリッジさせることがあげられる。
アスコットとは、17世紀スコットランドの豪族の名前です。

アスコットハウス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.23(Sun) PageTop

シーバスリーガル

シーバス社は、1801年、アバディーンに創業した。
同社が独自のブレンデッド・スコッチを発売するのは、1870年代から。
1949年には、巨大酒類企業シーグラムの傘下に入った。
その翌年の50年に、同社は、スペイサイドのストラスアイラ蒸留所を買収。更に、隣の地にグレン・キース蒸留所を新設。
以後、この2つの蒸溜所のモルト中核にすえ、優れたブレンデッド・スコッチを生み出し続けている。
製品はいずれも華やかでバランスの良い風味に仕上がっており、今や世界150カ国以上で、その名を知られるようになっています。
シーバスリーガル12年は「スコッチのプリンス」と称されてる佳酒。
18年は、円熟ノ極みに達した熟成18年以上の原酒をブレンドした品。
一本一本のボトルにNo.が刻まれ、「特別のシーバス」を演出してくれる。
ローヤル・サルートは「王礼砲」の21発にちなみ、21年熟成した原酒だけをブレンドした至高の酒です。


シーバスリーガル

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.22(Sat) PageTop

ベル

パースにあるアーサー・ベル&サンズ社は、1825年にトーマス・サンデマンによって設立されたウイスキー商店がその前身。
その店に1840年にベルが入社。1865年に同社の代表となり、1895ねんに二人が共同経営者として加わって、現在の社名となった。
1930年代の大不況時代に、同社は初めて蒸留事業に進出。スペイサイドのダフタウン・グレンリヴェット、インチガワー、ハイランドのブレア・アソールの3つの蒸留所を買収。以後、貯蔵庫、ブレンディング、ボトリング設備を拡充していった。
ベル・スコッチはそれらの蒸留所空の厳選されたモルト原酒を中心に作られる。
程良くきいたピート香、すっきりした呑口がイギリス人に愛さてれいる。


ベル

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.20(Thu) PageTop

アードベッグ

アイラ島南岸にあるアードベッグ蒸留所は、1815年、島の住民マクドーガル家によって創設された。
アードベッグとはゲール語で「小さな岬」という意味。
150年近くはマクドーガル家が経営に当たっていましたが、その後は浮沈を繰り返し、近年になってからも操業と休業繰り返してました。
1997年にグレンモーレンジ社が買収。同社のもとで大改修工事が進み、操業が再開されました。
フロアモルティングはまだ再開されていませんが、全モルトスコッチ中最もピートの度合いが強く、アイラモルトの中でも得意な存在となってます。
蒸留器は初留、再留釜合計2基。ランタンヘッド型で再留釜にはアイラ島では唯一、精留器が取り付けられ、独特の個性を生み出しています。
17年は穏やかなピート香をもち絶妙のバランスが楽しめます。
1978年ヴィンテージは、スモーキーでピーティーなアードベッグらしさが際立ったボトルで、壮大な海のイメージが感じられる。
1975年は熟成約23年の限定品で、スモーキーフレーバーと優美な花の香り、が複雑な個性を作り出している。
30年はスモーキーさと麦芽由来の香ばしさが絶妙にミックスされた逸品。長期熟成品にのみ許された至福のときを味わうことができます。
プロヴナンス1974は、バーボン樽由来のバニラ香とスモーキーさが溶け合った、気品漂う究極のアードベッグ。
未来への希望を拓くウイスキーです。


アードベッグ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.18(Tue) PageTop

ノックデュー

1898年にDCL社が建てた蒸留所。
ノックデューとはゲール語で「黒い丘」のことを指し、良質の湧き水に恵まれていたことが、蒸溜所建設の動機となった。
同社傘下のブレンデッド・スコッチ、ヘイグの原酒として使われていましたが、1983年に閉鎖。その五年後の88年にインヴァー・ハウス社が買収して、現在に至ってる。
他のブランドと紛らわしいため、買収後はアン・ノックの名称で商品化されていましたが。最近ノックデューという名称のものも発売されるようになった。

ノックデュー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.17(Mon) PageTop

ボウモア

1779年、地元の商人ジョン・シンプソンが創業したアイラ島最古参の蒸留所。
ボウモアとはゲール語で「大いなる岩礁」の意味です。
創業以来、幾度と無く経営者が替わり、1963年にスタンレー・モリソン社の所有となった。
同社は1970年、ハイランド東部のグレンギリー蒸留所を買収。更にローランドのオーヘントッシャン蒸留所も傘下に収めた。
しかし、1984年にサントリーがモリソン・ボウモア社を買収し、3蒸留所とも現在はサントリーの子会社となっている。
同社の経営になってから、蒸留所は生産増加のために近代化され、テイストにおいても販売量においても市場のニーズを満たすモルト・スコッチを供給できるようになった。
同蒸留所は、麦芽加工用のフロアを持ち、伝統的技法であるモルトの麦芽を自前で行う。
発酵槽はオレゴン松製を使用。蒸留器は、初留2基、再留2基の合計4基を所有しています。
蒸留加熱方法は蒸気蒸留方式を採用。蒸留の余熱を利用して島民のために温水プールを作っているのもユニークです。
貯蔵、熟成には、シェリーとバーボンの空樽(再利用含む)を巧みに使い分けて、「ボウモア・オリジナル」のテイストを創り上げています。
また、蒸留所内にある熟成庫は海面の下になる場所があり、そこで熟成させたモルト原酒は最高グレードのシングル・モルトに仕上がると言われています。
さらに、蒸留所内の熟成庫以外にも、島内に熟成庫を所有しています。
シングル・セレクト12年はヨード香、ピート香は土がほどよく抑えられ、もうモア・モルトの入門用に最適です。
ボウモア・カスクストレングスは14年以上熟成させた樽出し原酒(アルコール度数56度)で、潮の香りやピート香、ハーブのような風味をストレートに味わうことが出来る逸品。まさにボウモアの原点であります。
ダーケストは12年以上のバーボン樽で貯蔵し、その後に2年以上シェリー樽に詰めて仕上げの熟成を施したもの。
ダーケストの名の通り、濃い褐色をしている。しかもNo.1熟成庫から厳選した樽を使用しているため重厚なシェリー香と、コクのあるフルーティーな味わいが特徴となっています。
15年マリナーは、免税店における限定販売であったが、デザインを一新し、一般にも手に入るようになった。
フルボティで華やかなピート香が楽しめる。
ボトルデザインにも海を強くイメージしたもので、人気も高いです。
シェリーの空樽で熟成させた17年はしっかりしたボディが楽しめる。
21年はヴィンテージを表示した同蒸留所自信作。
22年のボトルはアイラ島の夜の海とカモメをデザインしたものです。
30年はボウモアの最高級の希少モルト。ボトル・デザインは蒸溜所近くに棲息すると伝えられているドラゴン伝説をイメージしています。


ボウモア

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.16(Sun) PageTop

グレンゴイン

正式には、1833年の設立だが、実際の蒸留業はそれ以前から行われていました。
グラスゴーから北へ20㎞、ちょうどハイランドとローランドの境界線上に位置する蒸留所。
ダムグイン丘の麓にあることから設立当初はグレン・グインと称していましたが、
1876年に現オーナーのラング社に買収され、グレンゴインという名称に変わった。
グレンゴインとは「鍛冶屋の谷」の意。
同蒸留所では、ピート処理を処理していないモルトを使用。
プレーン・オークの樽とシェリー樽でそれぞれ熟成させた二種類の原酒をヴァッティングすることにより、オリジナルなテイストをつくりあげています。


グレンゴイン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.16(Sun) PageTop

ラフロイグ

ラフロイグとは、「広い湾の美しい窪地」の意。
蒸留所は、1815年、ジョンストン兄弟によって、アイラ島南部の浜辺に建設されました。
近くで採掘されるピート炭は、夏期、涼しい海風で乾燥させます。
これを燃やして大麦麦芽を乾燥させるため、モルトには海の匂いが染み込みます。
ラフロイグ10年は力強いスモーキー・フレーバーが特徴です。爽快なピート香と、海藻を思わせる潮の香りが、渾然一体となっています。
15年は、深いスモーキー・フレーバーを持ちながら、意外となめらか。
アフターテイストは温かく心地よい。
30年は、シェリー樽由来の甘いまろやかさと、ピート由来の力強さ、豊潤さを併せ持つ最高級品。

img10161566751.jpeg

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.14(Fri) PageTop

ブラントン

エンシェント・エイジ社が、1984年子会社を作って発売したシングル・バレルバーボン。
ブラントンは、エイジ社の蒸留所を40年所有し、バーボンづくりの名人とうたわれたアルバート・ブラントンの名を記念したネーミング。
このバーボンの開発に当たったのは、アルバート・ブラントンの愛弟子、エルまー・T・リー。
彼は、ブラントンから教えられた「最高のバーボンの条件」をこのブラントンを生み出すことで実現しました。

ブラントンは、気温の低い秋から冬にかけて、発酵、蒸留をする。
樽に詰められた原酒は、貯蔵庫で受ける温度を一定にするため、高い棚、低い棚を繰り返し移動する。
そして、4年目にテイスティングして、優れた樽だけを選び、ブラントン用にさらに4年から6年熟成。
冷却、濾過のあと、他の樽と混ぜることなく瓶詰めされます。


ブラントン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.10.12(Wed) PageTop

ハイランドパーク

蒸留所はオークニー諸島、メインランド島のカークウォールの丘の上に、
1798年に建てられました。
オークニーとはヴァイキングの言葉で「アザラシの島」の意味。北緯59度に位置する世界最北の蒸溜所です。
仕込み水に硬水を使用し、今でもフロア・モルティングを行うなど、数々のユニークな特徴を持っている。
複雑なアロマとコクを持ち、全モルト中でも「出色の食後酒」といわれています。

ハイランドパーク

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.11(Tue) PageTop

グレンタレット

スコットランド最古の蒸留所といわれ、規模の小さいことにかけてもジ・エドラダワーの好敵手。
ハイランド南部のタレット川のほとりに建つところから、その名があります。
12年は麦芽風味が素晴らしく、ややドライでライト&フレッシュ。
1966年はその年に蒸留したとルトを厳選して瓶詰めしたものです。
従来品とはややデザインが異なり、アルコール度数も45.7度から40度に変更になりました。
より熟成感が増し、香味とコクのバランスが素晴らしい。
グレンタレット蒸留所は、「タウザー」という猫で有名なところ。年間15万人以上の観光客が訪れるといいます。

グレンタレット

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.08(Sat) PageTop

スプリングバンク

ハイランド南西部のキンタイア半島に位置するスプリングバンク蒸留所は、キャンベルタウン・モルトの最盛期の1828年に創業。
以前はウイスキー産地としては最小区域ながら、独立した地域名称を与えられていましたが、
現在はハイランド・モルトに組み入れられています。
同蒸留所の特徴は、昔ながらの製法にこだわり、原料である二条大麦の発芽から瓶詰めまで一貫して蒸留所内で行なっていることにあります。
瓶詰め設備を持っている蒸留所は、こことグレンフィディックの二箇所だけであります。
また、カラメルなど色調整の為の添加物を使用せず、冷却濾過しないで瓶詰めを行うなど、独自のテイストを追求している。
熟成期間によるボディの違い、微かに甘みが変化する楽しさを体験できます。
独特のコクのある風味をもちながら、しつこくないピート香をかんじさせる。また蒸留所が半島の南端に位置していて、長い間海風を吸い込みながら熟成するため、アイラ・モルト的な風味も加味されています。

スプリングバンク

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.06(Thu) PageTop

ディーンストン

スターリング城やバノックバーンの古戦場、スクーン城などで知られてるパース州。そのパース州の北西部、
ティス川のほとりに建つのがディーンストン蒸留所。
蒸留所の建物は、「産業革命の父」と家いわれたアークライトが、1785年に建てた紡績工場をそのまま利用したもの。
建物自体が歴史的建造物なんです。
創業は1966年で、91年にバーン・スチュワート社が買収。モルトのラインナップは12年、17年、25年と揃っているが、
どれも麦芽にピートを焚きこまないのが特徴で、フレッシュでメロー。
かすかに花の香りがする秀逸な酒に仕上がっています。
飲み口はスイートでマイルドです。

ディーンストン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.10.02(Sun) PageTop


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。