スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ホワイト&マッカイ

ホワイト&マッカイとは、このウイスキーを力をあわせて生み出した二人の人物、ジェームス・ホワイトとチャールズ・マッカイの姓をあわせてもの。
ジェームス・ホワイトは、アラン・ポインターという1844年創業の酒類取扱業者の支配人として働いてたが、1882年、ウイスキー業界に進出のため、友人のチャールズ・マッカイと協力して新会社を設立。
ほどなくして「ホワイト&マッカイ・スペシャル」というブレンデッド・スコッチを世に送り出した。
現在、ホワイト&マッカイ社はハイランド・モルトのダルモア、フェッターケン、スペイサイド・モルトのトミントールの3蒸留所を所有している。ダルモアは、ピート香の乗ったリッチな味のモルト。フェッターケンは、まろやかな香味をもつミディアムタイプのモルト。トミントールはライトでデリケートな香味を持つ現代的なモルト。
ホワイト&マッカイは、こうした蒸留所のモルトをベースに、約35種類のモルトをヴァッティングし、オーク樽で、半年マリッジ(結婚)させる。
その後、グレーンを配合して、再びオーク樽で数ヶ月マリッジさせるのだが、このダブル・マリッジにより、香味が長く口に残るこのウイスキーの特徴が生まれてくるといわれてる。なお、熟成用の樽には、シェリーの空き樽も使われている。そのため、ウイスキーは色調が濃い。また、味わいにもシェリー風味がわずかに感じられ、それがこのウイスキーの風味のアクセントになっている。

1998年より、世界的にパッケージリニューアル品が販売された。
100年近い伝統と名声を持つブランドが、パッケージ変更をするのは大変なこと。21世紀を見据えた同社の大胆かつ画期的な戦略といえる。
リニューアルされたブルー・ラベルは、骨格のしっかりとした本格派。それでいてマイルドで飲みやすい。
ゴールデン・ブレンドは日本市場向けの限定品。12年から21年は年数による熟成感、重厚感を味わうことができる。
30年ものは、長期熟成による味わいの幽玄さが溶けこんでおり、あと口が快い超高級ウイスキー。

    ホワイト&マッカイ

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.30(Wed) PageTop

マッキンレー

マッキンレー社は、チャールズ・マッキンレーが1815年、エジンバラ市郊外リース町でワイン商として創業。以来、代々子孫が家業を継ぎ、現在は五代目のドナルド・マッキンレーが社長。
1860年代からウイスキーの製造に手がけるようになり、1907年には、南極探検に出かけるアーネスト・シャクルトン卿が、マッキンレーをオフィシャル・スコッチに選定、探検隊の荷物に加えた。そのボトルは半世紀後の1958年、ある南極探検隊によって発見されたという。
現在インヴァー・ゴードン社の傘下にある同社は、アイル・オブ・ジュラを中心に、インヴァー・ゴードン系モルト、グレーン原酒をブレンドしてウイスキーを作っている。
オリジナル・マッキンレー5年ものは、コクがあり、麦芽香味に富む。舌触りはなめらか。
レガシーは「先祖伝来の遺産」の意。スコッチらしい力強さと、熟成によるスムーズなコクが特徴。
12年もの、21年ものと熟成が深まるごとに、その特徴がよく現れている


マッキンレー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.28(Mon) PageTop

ホワイトホース

ホワイトホースという銘柄が世に出たのは、1880年代のこと。現在では、風味のバランスの取れた、喉越しのなめらかなスコッチとして、日本で広く愛飲されている。
ホワイトホースという名称は、エジンバラ市あった古い旅館の名前に由来している。ここの専用のウイスキーとしてブレンドされたのが、このウイスキーのそもそもの出発点。
ファインオールドは、シンプルで力強い味わいの5年熟成スタンダードスコッチ。
12年ものは、日本市場専用に開発されたプレミアム・スコッチ。洗練された香りと、コクのあるなめらかな味わいが身上。

     ホワイトホース

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.27(Sun) PageTop

ハウス・オブ・スチュアート

ハウス・オブ・スチュアートとは、はじめスコットランド王。後にイングランド王にもなって、イギリスに君臨した王家のこと。
そうした歴史的な重みのあるネーミングにもかかわらず、ウイスキーの味はアメリカ人好みのライト派。
これは、製造元がアメリカ系の会社だからだ。
製造元のギブソン・インターナショナル社は、カナダのシェンレー社とアメリカのバートン・インターナショナル社が出資して、発足した会社。現在、スコットランドのアマルガメイテッド・ディスティルド・プロダクツ(ADP)社の傘下に入っている。
このハイス・オブ・スチュアートは1658年に誕生した銘柄。同社はハイランドにグレン・スコシア。ローランドにリトルミル蒸留所を所有しているので、それらのモルトを中心にブレンドされている。
パーソナライズドはラベルにプレゼントをする相手の名前を入れてくれるギフト好適品。


            ハウス・オブ・スチュアート

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.25(Fri) PageTop

ポッチ・ゴー

ポッチ・ゴーとはゲール語で、「黒いポット」の意味。実は密造用の蒸留器の隠語でもある。
ラベルにかつての密造の様子が書かれているのはそのため。
製造元のプラバン・ナ・リンネ社はゲール語を日常語とするヘブリディーズ諸島の住民にウイスキーを提供するため、イアン・ノープル卿が1976年スカイ島に設立した会社。同社はチェイ・ヴェッグというブランドも出しているが、そちらはブレンデッド・ウイスキー。
低音濾過もフィルター処理も施していない天然のウイスキーで、古典的で重厚な味わいが楽しめる。
12年ものは度数46度、21年ものはコクと香りのバランスが秀逸な希少品。

        ポッチ・ゴー


Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2011.11.23(Wed) PageTop

チーフテインズ・チョイス

チーフテインとは、ハイランド地方の高地に住む氏族の族長を指す言葉。
製造元のスコッテッシュ・インデペンデント・ディスティラーズ社は、1928年、蒸留所とブレンダーのグループによって設立され、プレミアム・ブレンド品を作ってきた。
現在は、エジンバラのピーター・J・ラッセル社の子会社になっている。
このウイスキーは、ラッセル社のブレンダー、ネルソンンと大阪の木村与三男の両氏が開発したブレンド品。ピート・フレーバーをたっぷり染み込ませたハイランド・モルトに、日本人の嗜好に合うようにグレーンを配合したもの。


       チーフテインズ・チョイス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.22(Tue) PageTop

ロイヤル・ハウス

発売元のダグラス・マードック社は、グラスゴーの輸出業者、キャンベル&クラークス社の子会社。
マードックとは、ハイランド地方の西に浮かぶマル島のデアルド城を守った武将の名。勇敢だったことでスコットランド史にその名を残している、以前マードックスという名のブレンデッド・スコッチも出していたが、ロイヤル・ハウスはその姉妹品にあたる。
親会社のキャンベル&クラークス社は、シングルモルトのスペイサイドを始め、各地のモルトを新酒の状態で購入。自社の熟成庫で12年以上熟成させてから、自社を含めたグループ各社のスコッチの原酒として使わせている。
ロイヤル・ハウスは、ダグラス・マードック社が、マードックスに替わるスコッチとして日本向に特別にブレンドした辛口の商品。
同社のオーナー、マードック家のモットーは、「only the best will do」(最良の品だけをお届けする)
シェリー樽熟成原酒を使い、長期熟成による深い滋味を含んだ名酒である。


      ロイヤル・ハウス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.21(Mon) PageTop

バークレイ

ハイランド地方に分類されるマル島のトバモリー蒸留所とハイランド地方の中心部のディーンストン蒸留所は現在バーン・スチュワート社の所有になっている。バークレイは同社が、2つの蒸溜所から産出されるモルト原酒を中心に使って作り上げたブレンデッド・スコッチ。それぞれ、異なったタイプの個性に仕上がっている。
スタンダードはトバモリー蒸留所産の3年熟成モルト原酒を主体にして作られた、スモーキーな味わいが特徴すスタンダード・スコッチ。
12年ものは、主にディーンストン蒸留所の12年熟成モルト原酒を使用した、ライトでマイルドな味わいのプレミアム・スコッチ。


      バークレイ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.21(Mon) PageTop

ロイヤルアイランド

ハイランドの南西部に浮かぶアラン島の蒸溜所、アイル・オブ・アラン・ディスティラーズが送り出すブレンデッド・スコッチ。同蒸溜所は1994年に設立されたもので、スコットランドで最も新しい蒸溜所。
アラン島ではもともとモルト・ウイスキーが作られていたが、しばらく中断。その伝統を復活させたもの。
蒸溜所のあるロック・ランザは、島の北部の氷河によって侵食された渓谷にある。ロック・ランザとは「ナナカマドの川」の意。ウイスキーは、豊かで清冽な島の水で仕込まれる。
ロイヤル・アイランドはスペイサイド・モルトを中心にアイラ、ハイランドなど30種類以上がバランスよくブレンドされた、上品で優雅な酒。特に21年ものこのクラスの酒としては最高のバランスと秀逸キレを持っている。
ブレンドを手がけたのは、元シーバス社のマスターブレンダー、ジミー・ラングとアラン蒸溜所の創業者ハロルド・カリーの両氏。
ロック・ランザは普及品だが、しっかりとしたコクと香りが特徴。
お洒落なブルーのボトルが人気の的。


ロイヤル・アイランド

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.19(Sat) PageTop

オールド・パー

オールド・パーは、ピート香が十分にのり、深い味わいを持っている。
明治時代から我が国に多くのファンを持つデラックス・スコッチだ。
酒名は、152歳まで長生きした農夫トーマス・パーに由来する。
製造元のマクドナルド・グリンリース社は、19世紀末、アレクサンダーマクドナルド社とグリンリース・ブラザーズ社が合併して誕生。現在、ハイランドのクラガンモア蒸留所のモルトを主に使用している。
オールド・パー12年ものは、厚いボディのなかに、スモーキーな香味がバランスよく溶け込んでいる。スーペリアは、熟成の深さを味わえる高級酒。1989年の発売。

オールド・パー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.18(Fri) PageTop

ウシュクベー

ウシュクベーとは、「生命の水」を意味するゲール語。現在のウイスキーという名称の語源である。
発売元は、アメリカのペンシルヴァニアに本拠をおく酒商。スコットランドのグラスゴー市に現地法人をつくり、そこでブレンディングとボトリングをしている。
同社は、現在、インヴァーゴードン・ディスティラーズ社と密接な関係にある。
ウシュクベーウイスキーは、同社の協力を得て25種類以上のモルト原酒の安定供給を確保、それらをもとにブレンドされている。
中核となるモルト原酒の蒸溜所は明らかではないが、興味のあるところだ。
スペシャル12年ものは、厳選された最低12年熟成のモルト原酒を豊富に使いモルト風味豊かに仕上げた新登場の普及品。
リザーブは、熟成年数の表記はないが、最高18年オーク樽で熟成させたモルト原酒などをブレンドした同社の中核的製品。
上品な味わい。ストーンフラゴンは27年以上熟成させたモルト原酒を中心にブレンドしている。昔のウイスキー・ジョッキを復元した容器入り。


ウシュクベー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.17(Thu) PageTop

ラングス

ラング・ブラザーズ社は、1861年、ラング家の二人の兄弟、アレクサンダーとゲイヴィンによって、グラスゴー市に設立された。
1871年には、ハイランド・モルトのグレンゴイン蒸留所を買収。以来、今日に至るまで、このモルトを中心にウイスキーをブレンドしている。
グレンゴインは、ハイランド・モルトでありながら、性格がとても穏やか。ピートで薫香を付けないモルトを使っているからだ。
ラングスは、そうしたモルトをベースに、ハイランド・モルトのグレングラッサなどをブレンドしているから、やはり柔らかい口当たりのウイスキーになっている。
ラング社は、1965年以来、大手ウイスキー企業ロバートソン&バクスター社の子会社になっている。
同企業系列のレッド・ハックル、スコティッシュ・クリーム等のスコッチとは姉妹関係にある。
シュープリーム・デラックスは8年もの。セレクトは熟成感豊かで、スコッチ通から高い評価を得ている。

ラングス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.16(Wed) PageTop

ハイランドクイーン

マクドナルド&ミュア社は、リースに1893年に誕生した会社。
設立地が、その昔フランスから帰国したメアリー女王が上陸した場所であったこと、スコットランド人がメアリー女王を敬愛していることなどの理由で、ハイランド・クイーンと名づけられたという。
同社は、グレンモーレンジとグレン・マレイ蒸留所を所有しているが、ハイランド・クイーンはグレン・マレイの個性を引き継いで作られている。
スタンダード品は、10年以上の熟成のグレーンを配合したメローな酒。
マジェスティー・レア・オールドは、長期熟成のモルト原酒のみが持つ味わいと高貴な香味が特徴。

ハイランドクイーン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.15(Tue) PageTop

ザ・フェイマスグラウス

製造元のマシュー・グローグ社は、1800年創業の老舗。初めは食料品とワインを扱っていたが、1814年から、ハイランド・ウイスキーも手がけるようになった。自社でブレンドした製品をグラウス(雷鳥)と名付けて売りだしたのは、1897年。そのうち、人々が「あの有名なグラウス・ウイスキー」というようになったので、ザ・フェイマス・グラウスというブランド名に変更した。
スタンダード品は、バランスの取れたコクが身上。
本場スコットランドでは最も人気の高い銘柄である。新製品のゴールド・リザーヴは、12年以上の原酒をブレンド。


ザ・フェイマスグラウス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.15(Tue) PageTop

ジ・エグゼック

コーンズ社がバーン・スチュワート社をパートナーに選び、1989年に発売した日本市場向けの銘柄。
ジ・エグゼックというネーミングには、日本のエグゼクティヴのためにつくられた、オーダー・メイドのスコッチ、という意味が込められている。
酒は、バーン・スチュワート社グループの良質モルトの在庫から選んで、ブレンドされている。
7年ものは、7年以上熟成のグレーンとモルトを多数ブレンド。まろやかな味わい。
12年ものは、同様に12年以上熟成原酒を使ったもので、奥深い香りと味のバランスが良い。
21年ものは希少なオールド・モルトをブレンドした熟成感豊かな高級品である。


        ジ・エグゼック

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.13(Sun) PageTop

グランツ

グランツは、シングルモルト市場で売り上げ第一位を誇るグレンフィディックを生産するウイリアム・グラント社のブレンデッド・スコッチ。
同社は、スペイサイドにグレンフィディック蒸留所を1887年のクリスマスに創業。現在は、ザ・バルヴェニー蒸留所、キニンヴェ蒸留所、ガーヴァン・グレーンウイスキー蒸留所を所有。グランツ・スコッチは3つの蒸溜所より生産されるモルト原酒を中心に、グレーン・ウイスキーをブレンドして作られる。
スタンダードのファミリー・リザーヴは、切れ味の爽やかさが身上。
クラン・マクレガーは、グランツのセカンド・ブランド的存在で、アメリカではデュワーズ、J&B、ジョニー・ウォーカー赤ラベルに次ぐ第四位の売上を達成。近年急成長を遂げる、注目のウイスキーである。
新製品のゴードン・ハイランダーズは、スコットランドで最も有名な連隊の一つであるゴードン・ハイランダー連隊と、グラント社の密接な関係を記念して作られたもの。同連隊の公式ウイスキーに認定されている。


グランツ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.12(Sat) PageTop

グレンスタッグ

グレン・スタッグとは「牡鹿のいる谷間」の意。ラベルに、その牡鹿の絵を、シンボル・マークとしてあしらってある。
発売元のグレン・タラ社は、グラスゴー市の近郊、ベイス町のウッドサイド城で創業。歴史の比較的新しいウイスキー・ブレンド業者で、1989年以来、インヴァーゴードン社の系列に入っている。
グレン・スタッグは、インヴァーゴードン・グループのハイランド・モルト、スペイサイド・モルトをベースにアイラ・モルトを適宣ヴァッティングして、風味にアクセントを付ける。その上、インヴァーゴードン蒸留所のグレーン・ウイスキーを加えて、ソフトな味にブレンドしている。
下写真の製品は年数表示がないが、法定熟成年数をクリアした3年もの。普及品として開発した商品。
12年ものは、モルトのブレンド率が高く、まろやかな香りと、スモーキーフレーバーが程よく調和。
21年ものは、シェリー樽とピート香りをもち、深みのある味わい。


          グレンスタッグ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.12(Sat) PageTop

インバーハウス

インバーハウスは1856年、ハイランド地方インヴァネスで、ウイリアム・デヴィッドソン社が世に送り出したのがその始まり。
現在は、ローランド地方のエアドリー村で、インバーハウス・ディスティラーズ社が製品化している。
同社の所在地は、もとモファット蒸留所だった所で、グレン・フラグラーという穏やかなモルトを産していたが、1980年代なかばから蒸留を中止している。
その蒸溜所跡を本拠地とするインバーハウス社は、現在ハイランド・モルトのノックデュー、スペインバーンなど4つの蒸留所を所有している。ノックデュー・モルトの特徴は、スコッチバターを連想させる艶のある香り、甘さとフルーティーさを備えたソフトな香味にある。
現在インバーハウスはこの中庸タイプの優れたハイランド・モルトを風味の中核に据え、その他のモルトをヴァッティングして飲み口の柔らかいブレンデッド・スコッチに仕上げている。
ラベルのインバーハウスと言う酒名の下にグリーン・プラドという文字の入っているボトルがあるが、これは「緑色の格子縞の肩掛け」のこと。ラベルの地模様を指している。
スタンダード品は「ソフト・アズ・キッス」が売りものの柔らかさに、まろやかな熟成感が加わる。
21年ものは、25年から26年熟成モルト原酒20種を主体にブレンド。長期熟成を感じさせる香りと余韻の深さが特徴。
25年ものは、25年から30年熟成のモルト原酒15種が主体。さらに深みのある味わいを楽しめる。
35年ものは厳選されたモルト原酒20種をブレンド。長期熟成が醸しだした芳醇さは、他に類を見ない。


インバーハウス

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.11(Fri) PageTop

ヘッジス&バトラー


ヘッジス&バトラー社は1667年にエドモンド・ハリスによってワイン商としてロンドンに設立された。
以来、300年を超える伝統を持つ。
設立当時、国王チャールズ2世の命によってウイスキー蒸留に乗り出し、それ以来ウイスキー生産が家業になったと言われている。
チャールズ2世以降、ヘッジス&バトラー社がウイスキーを献上したのはウイリアム4世に始まり、ヴィクトリア女王、エドワード7世、ジョージ5世、エドワード8世、ジョージ6世と、エリザベス女王を除く、ウイリアム4世以下のすべての王室に渡っている。
まさに英王室のウイスキーだったといっていただいていいだろう。
そのためかヘッジスバトラーのラベルには、全てロイヤルの形容詞が付いている。
同社と王家との縁はイギリス王室だけにとどまらず、1886年にスペイン王室御用達、1908年にポルトガル王室御用達、さらに1905年(明治38年)には我が国の明治天皇にも献上され、ロイヤルの名に背かぬ貫禄を示している。
また、ボトルに刻印してある会社設立の年「1667」の数字と、グリーン・ボトル採用は昔も今も変わっていない。
ヘッジス&バトラーは、すべてライト&マイルドな味に仕上げられている。そして、いわゆるスタンダードのものはデラックスの肩書きを持ち、その上の8年物にはスペシャルデラックス、12年ものにはファイネストデラックス、15年ものにはシュープリームスデラックス、21年物にはインペリアルデラックスの肩書きが付いている。
なお、ヘッジス&バトラー社は、イギリスの大手ビール企業バス社の傘下に入っていて、バス社系列の他のウイスキー会社を統括する役目も果たしている。


ヘッジス&バトラー

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.10(Thu) PageTop

ジェームスマーチン

1878年、エジンバラでジェイムスマーチンによって世に送り出された銘柄。
シンボルマークのツバメは、若き日のマーチンのニックネームに由来する。
当時流行していたボクシングに打ち込んでいた彼は、粘り強いファイトで評判だった。それがちょうど、温和な性格だが、粘り強い面も持っているツバメに似ていることから、彼ばスパリー(ツバメ)と呼ばれるようになったという。
12年ものは熟成されたモルト・フレーバーを生かしたデラックス品。
20年ものは卓越したブレンド技術が高く評価されている高級品。ともにグレン・マレイ蒸溜所などから厳選されてモルト原酒を使用している。


ジェームスマーチン

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.07(Mon) PageTop

アイルオブスカイ

酒名のアイル・オブ・スカイとは「スカイ島」のこと。
スコットランド北西部沖にあるこの島は、島に1つだけある名蒸留所、タリスカーで有名。
この島の名家、マクロード出身のイアン・マクロードは、1895年にエジンバラでウイスキーブレンダーとしてスタートを切った。
その際に、故郷の地を偲んでつけた名酒である。
タリスカー蒸留所のモルトは、力強いピート香と、スコットランド産大麦による独特のモルト香味で知られるています

アイルオブスカイ

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ウイスキーの知識] | 2011.11.01(Tue) PageTop


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。