スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

サザン・カンフォート  (アメリカ産リキュール)

サザン・カンフォートは、これまである南部の男性が開発したものとしか伝えられて来なかったが、1995年に出版されたイギリスのゴードンブラン著『classic spirits of the world』で創始者の名が明らかにされている。
同署によると、1860年代にニューオリンズ市でバーテンダーをしていたヘロンという人物が、ある樽詰バーボンの味が感心しないものだったので、果実味と甘味を加えてなんとか美味しく飲めるように改良したのがこのリキュールの始まりという。
彼は1889年にメンフィスに移り、そこで自分のバーをもち、この自家製リキュールを売り、名を高めた。19世紀末には、西部への玄関口セントルイス市に移り、このリキュールを瓶詰めで発売するようになったということである。
ところで、アメリカの禁酒法時代、この酒はいったん姿を消す。そして、解禁の翌年の1934年2月、セントルイス市のフランシス・E・ファウラーとフィリップ・B・フークがブランド復活を企て、同地に蒸留会社サザン・カンフォート社を設立して、製品を最発足させた。以後、アメリカ人の手になるアメリカンテイストのリキュールとして人気商品になったが、同社は1979年になって、バーボン業界大手のブラウンフォーマン社に買収され、今はその子会社として生産を続けている。現在のサザンカンフォートしは、糖蜜を蒸溜した中性スピリッツがベース。ピーチを主体に、レモンほか数多くのフルーツのエキスとフレーバーを配合。
ピーチの核のアーモンドフレーバーも、程よく溶け込んでいる。
6ヶ月熟成させてから、瓶詰めをしている。甘味は控えめ。
現在は、ヴァージン諸島のアメリカ領サント・クロア島で生産されている。
ラベルの絵は、ミシシッピー川側沿いのサトウキビ農園の邸宅を描いたエッチングを用いたものである。


サザン・カンフォート

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [リキュールの知識] | 2013.03.30(Sat) PageTop

日本で始めてのビール「天沼ビアザケ」

日本で始めてビールが醸造され販売されたのは、明治二年といわれている。ただし、造り出した人は日本人ではない。ノルウェー生まれのアメリカ人、ウィリアム・コープランドという人だった。
彼はもともと醸造技術で、明治元年頃横浜へやってきた。横浜の山手に綺麗な泉が湧くのを見てビール製造を思い立ち「スプリング・ヴァレー・ブルワリー」という名前のビール醸造所を建設した。
山手の泉は、天沼と呼ばれ、コープランドの作るビールは『天沼ビアザケ』と呼ばれ、好評だった。水が綺麗だったのと、やはり才能のおかげか、コープランドの造るビールの味はなかなか良かったようだ。
しかし、コープランドには経営の才能はなかったらしく、ビールの販売代金が回収できず、やがて会社は倒産してしまった。
コープランドの醸造所後は、やがてキリンビールが引き継ぐことになり、コープランドのビール醸造の仕事は、今の日本のビール産業に足あとを残していることになる。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [お酒の知識] | 2013.03.27(Wed) PageTop

猪苗代地ビール ラオホ  (日本、福島県産ビール)

『猪苗代地ビール』は、その名の通り、猪苗代湖のすぐ北側になる猪苗代地ビール館で造られている。
2階はレストランになっていおり、醸造設備をガラス越しに見学することもできる。北側の窓からは磐梯山を望むことが基で、絶品のビールと絶景が一度に楽しめるスポットだ。
『猪苗代ビール』ではドイツから招いたブルワーの教えに従い、厳格にドイツビールの味わいを守っている。磐梯山の天然水、ドイツのフランケン地方産のモルトとホレダウ地方のホップを使い、4種のビールを定番としてラインアップ。
ホップの苦味が素晴らしい『ピルスナー』、フルーティーな『ヴァイツェン』もドイツを代表するビールのスタイル。そしてバンベルグで生まれたラオホスタイルの伝統を踏襲した『猪苗代地ビールラオホ』こそ、ぜひ試してほしい銘柄である。
ダークチョコレートやコーヒー、ココアを思わsる甘苦い文と程よい燻製の香りが余韻となって残る。「ノーブル・ラオホ」と呼ぶべき、上品なラオホビールである。

o0800106710231917796.jpg

Trackback [0] | Comment [0] | Category [ビールの知識] | 2013.03.27(Wed) PageTop

元祖ビールができたのは一万年以上も前!

人類がビールを作ったのは遥か大昔で、紀元前一万年にはもう存在しただろうと推測される。
大麦などの穀物を粉にして乾燥させ、中に入れてどろどろにして、そのままにしておくとオカユのようになり、やがて自然発酵する。それをそのまま食べたり、上澄みの部分を飲んだりしたのがビールの始まりといわれる。
記録としては、紀元前3000年頃の古代シュメール人が記した、楔形文字と絵が残っている。このビールの造り中を描いた文字と絵は、粘土板の上に描かれており、その粘土板は、『モニュマン・ブルー』と呼ばれ、大英博物館にある。
ビールを発明したのはエジプト人だという説もある。
紀元前3000年頃の『死者の書』にはビールに関する記述があり、あのプラミッドの壁画にも、ビールを作っているところが描かれている。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [お酒の知識] | 2013.03.26(Tue) PageTop

長期貯蔵 博多の華 三年貯蔵

福徳長酒類は昭和28年設立の酒造メーカーで、本社は東京だが福岡県の久留米と山梨県の韮崎に工場をもち、福岡では焼酎、山梨では清酒を作っている。
豊かな自然と美しい水に恵まれたちに建つ久留米工場は、その清冽な水を敷地内の地下150メートルから組み上げて、この『博多の華・三年貯蔵』や緑茶の玉露茶葉を原料にした『茶露』などの人気の本格焼酎を醸している。
全国で最も多く飲まれている焼酎は麦焼酎だが、その中でも本銘柄は急速にファンを増やしている酒のひとつ。二条大麦を100%使い低温で発酵、贅沢な蒸留で造られた原酒を長期貯蔵でじっくり熟成させる。その風味の素晴らしさは、モンドセレクションで金賞を受賞したことからも明らかだろう。
味わった印象としては、風味に起承転結がしっかり感じられた。グラスに注いで漂う香りから、口当たりの感触、口中の含み香。そして後味までじっくり味わって貰いたい。
熟成によるまろやかさも特徴的で、引っかかるような突出した要素がなく、シーンを問わず楽しるオールマイティな酒といえる。麦の素材感が最も出るのはお湯割りだが、ロックの風味の展開の仕方も秀逸でおすすめしたい。

香りは、甘い香り。プラム、干したパイナップルやバナナ、ナッツ、アーモンド、アンニン等の要素が感じられる。
味わいは、まろやかで、トロミがはっきりと感じられる。香りに合ったいろいろな味の要素が融け合い、また膨らみ感もある。熟成感も強く出ている。
後口は、中盤から次第に香味が弱まってくるが、あと口でもう一度味が戻ってくる。くるみ、ナッツ、木の香りが漂いながら、ドライなフィニッシュとなる。

三年貯蔵

Trackback [0] | Comment [0] | Category [焼酎の知識] | 2013.03.26(Tue) PageTop

乾杯の時『トースト』というわけは?

誰かのために乾杯する時、アメリカやイギリスでは『トースト!』と叫ぶ。
一体いつからのトーストというようになったのだろう?
昔から、祝杯を上げるワインの中には、トーストパンのカケラを浮かばせる習慣があったそうだ。
その杯がテーブルに座っているお客の間を一巡りしてきて、ホストに戻ってくると、ホストは底に残ったワインとともに、そのトーストの欠片も食べてしまうことになっていた。そこからトーストの語源が出てきたと思われるが、それをもっと一般化するエピソードがあった。
17世紀のイギリス、とある街のお祭りの日、そこの共同温泉浴場に、一人の美女が入浴していた。彼女には大勢のファンがいた。その一人がその温泉のお湯をコップへ汲み取ると、『彼女の健康のために』といって飲み干した。
それを見ていた1人の酔っ払い、『俺は酒なんかほしくない、酒の中に入っているトーストが食べたいんだ』といって、お湯の中に入り彼女に近づこうとした。
その酔っぱらいは皆に止められて、彼女に近づくことはできなかったが、この事件から、『トースト』の言葉が、一般的に使われるようになったという。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [お酒の知識] | 2013.03.25(Mon) PageTop

グレンユーリー・ロイヤル  (ハイランドモルト)

芳香が非常に豊かでアロマティック。ドライでスモーキーだが、それが蜂蜜のような甘さを絶妙に包み込んでいる。東ハイランドの隠れた美酒といって良いだろう。
オフィシャルの12年ものが少量出回っているがもともと入手が非常に困難なモルトで、大変希少価値。
ほとんどはライセンスを保持しているジョンジロン社のブレンド用として利用されている。
蒸留所の創業者にはユニークな人物が多いが、ここの創業者も実に風変わりな人物であった。1825年、生産過剰となった大麦を消費するために、地元農場経営者で裕福な地主でもあったロバートバークレイが創業したものだが、彼は下院議員であったと同時に、有名な長距離の陸上選手でもあった。
バークレイは、1799年にロンドンからバーミンガム(直線距離約160キロ、当寺の道路状況では200キロ近い)までを2日で歩きさらに1808年には1000マイル(1610キロ)(ヲ1000時間で歩き通した歴史上最初の人物となった。1000時間というと42日間。1610キロを42日で歩くというkとは、1日平均40キロ歩くことになる。時代も場所も異なるが、かの植村直己氏がかつて日本列島の北から南まで約3000キロを50日掛けて歩いたことがある。
この時の平均距離が1日50キロ。装備や道路状況考えると、バークレイの記録は植村氏の記録に匹敵する快挙といえるだろう。
さらに交際範囲の広さでも当代随一であった。国会議員から貴族皇族まで友人があり、彼が親しみを込めて「ミセスウインザー」と読んでいたさる高貴な夫人の口利きで、時の国王ウイリアムⅣ世から「ロイヤル」の称号をつけることを許された。
グレンユーリーロイヤル蒸留所と名乗れるのはそのためである。蒸留所で『ロイヤル』とついてるのは、ロイヤルロッホナガーとロイヤルブラックラしかない。
グレンユーリーとはゲール語で『ユーリー谷』という意味だが、実際の蒸留所は北海に面した漁港でリゾートタウンでもあるストーンヘイブンのすぐ側、コーウィー川のほとりに建てられている。
子供がいなかったためバークレイの死後、蒸留所は公売にかけられ、1857年にグラスゴーのリッチー社が買収。その後1953年にはDCL社がオーナーとなり、現在はUD社系列となっているが、1985年に閉鎖。創業は休止したままになっている。ポットスチルは4基で、仕込み用水はストーンヘイブンの上水道でもあるコーウィー川の水を利用していた。


グレンユーリーロイヤル

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2013.03.08(Fri) PageTop


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。