スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

家庭で美味しくビールを飲むには

小売り用だろうが業務用だろうがモノは同じだというなら、我々の家庭でもビアホール並みに美味しいビールを飲むことは可能なはずではないか。同じように出荷されたビールが何故不味くなってしまうかを明らかにできれば、逆に家庭で旨いビールを飲む方法も見えてくる。
もちろん一般家庭でメーカーからビールを直送してもらうわけにもいかないから、小売店で買ったビールをベストコンディションで味わうのが、我々の目指す方向となるのは自明のことである。
酒類全般にえいることだが、酒の品質を落とす最大の敵は紫外線と温度の急激な変化である。
店先にビールケースを積み上げ、ビールがポカポカと日向ぼっこしてるような店では絶対にいかなる酒も買ってはいけない。どんな種類のものであれ、日の当たる場所に商品を出してしまっているような酒屋はダメな店。これは真理である。
また、適切な状態で保管されていたとしても、瓶詰めされてから時間が経過しすぎたビールはNGである。瓶に入ってもなお熟成し、美味しくなるのは高級ワインと沖縄の泡盛の一部くらい。度数の低いビールなど、数ヶ月も寝かせていればそれが賞味期限内であれプラスの要素はなにもない。商品の回転の良い店、つまり流行っている店で、ラベルに記された製造年月日が古くないビールを選ぶ。これが大前提である。
次に、もんだとなるのは、いよいよ飲むぞという時のビールの注ぎ方である。プロが注意を払って注いたビールと素人が漫然と注いたビールの最大の違い、それはクリーミーな泡の有無なのだ。キメ細やかでいつまでも消えない泡には、突き刺した爪楊枝が倒れずに立っていたりする。いや、ことは美的効果ばかりではない。ビールにこの泡があることで、過度な炭酸の刺激を抑えられる。その上長く消えない泡には、ビールの気が抜けるのを防いてくれる効果もある。
さて、家で飲むビールでも限りなくプロに近い泡を簡単に再現することは可能である。ぜひすぐにお試しを。
まず、グラスにはある程度の大きさがほしい。ジョッキがなくても250ミリリットル以上の容量のタンブラーは用意したいもの。そしてビールの泡立ちの大敵はブラスの汚れである。ゴミやホコリが付着していては泡立ちが悪くなってしまうので、事前に必ず洗っておく。よくよく洗ったグラスにビールをドクドク・・・なのにちっとも泡立たない。これもよくある話である。今度はグラス洗剤が残っていたのである。こちらも泡立ちをテキメンに悪くする。
グラスを清潔に洗い、洗剤も完全に落とした。そしたら布で拭くのはやめましょう。布の繊維がくっつけばホコリを同じことである。プロがそうしているように逆さに立てて水を切り自然に乾燥させるのがベストである。

スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [お酒の知識] | 2014.06.09(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。