スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ビールの大瓶の容量はなぜ633ミリリットルなのか

瓶の形こそ多少は違っているものの、国産ビールの大瓶の容量は全て633ミリリットルである。
ちなみに中瓶は500ミリリットルで小瓶は334ミリリットル。この半端な数字を前にしてまず頭に浮かぶのは、これが昔の容積単位の近似値なのではないかということである。
そこで、1合は約180ミリリットルだからと電卓をはじいてみると、もしかして3.5合入りってことかと推測可能。では334ミリリットルのほうでは・・・1.8合くらい。どうにも半端な数字である。
ことの真相はきわめてベタな理由からだった。歴史は少々さかのぼって明治維新の頃、明治の新政府が打ち出して国策はもちろん『富国強兵』である。そのためには国家に財源が必要だ。何時の世も為政者の考えは同じである。国の収入を増やすにはもちろん増税が一番手っ取り早い。かくして日本にも酒税が導入されることとなる。だからこそ日本でお酒を管轄しているのは、農水省でも厚生労働省でもなく、財務省(国税庁)なのである。
酒税には何度も改訂が加えられてきたが、1940年(昭和15年)3月というから太平洋戦争勃発の前年にビールにかかる税金は出荷量に応じて課税される。『ビール税』に統一されることになったのである。
当時、瓶ビールは大瓶と少瓶で出荷されていたが、その容量にはメーカーによって微妙なばらつきがあった。徴税官としては不公平があってはならぬという職務に忠実は思いから、それを厳密に量ってみた。その結果、大瓶のうち最小の瓶は633,168ミリリットル入りで、最大の瓶は643,992ミリリットル入り。そこには10,824ミリリットルの誤差があったのである。
そこで出された結論は、『最小のものに統一すれば、瓶を無駄にせずにすむ』というもの。これは戦況芳しくない1944年(昭和19年)の決定なので、建前はともかく、たとえ10ミリリットルでも課税できるビールは無駄にしたくないという切なる思いが伝わってくるようではないか。というわけで、お役人が測ったそのままの数字を当てはめたのがビールの大瓶の容量なのである。小瓶場合も同様の経緯があって、現在の数値に落ち着いている。
ちなみに中瓶は新参者なので、キリの良い数字を選ぶことが出来ました。

スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [お酒の知識] | 2014.06.10(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。