スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ミルバーン  (ハイランドモルト)

ミルバーンは、一般的な評価ではインヴァネスを代表するモルトということになっている。
しかし全体にボディは軽めで、これといった特徴に乏しい気がする。ドライでスイート、どちらかと言うと女性向きのモルトかもしれない。ただ、近い将来、飲むことができなくなるので今のうちに一度はトライしたほうが良さそうです。
蒸留所は、インヴァネス市にあった3つの蒸留所のうちの一つで、市街地の東の外れにある。
かつてはインヴァネスに到着する寸前に列車の窓から見ることができたというが、1985年に閉鎖、再開発のために売却され、1989年にレストラン兼パブとして新装オープンした。もちろん、も釣るウイスキーの製造は今後永久に行われることはない。
ミルバーンの由来は、敷地内を流れる同名の小川(バーン)から取られたものである。
創業は1807年と、インヴァネスではもっとも古い蒸留所であった。
ミスター・ウェリッシュなる人物が創業者と言われてるが、正式な記録は1825年から。19世紀半ばには一時期、製粉工場として利用され、1853年にはインヴァネスの穀物商、ディビッド・ローズが買収し、1876年に蒸留所を新築。再びモルトウイスキーの生産が行われることになった。しかし、1892年にはブレンデッド・スコッチで有名なヘイグ家が買収、1921年にロンドンのジン製造業者ブース社がオーナーとなり、最終的には1933年いDCL社がオーナーについた。
オフィシャルには一度もシングルモルトとして販売されたことはないが、独立瓶詰業者のものが今でも若干出回っている。
シングルモルトではないが、かつてザ・ミルバーンというブランド名で、ヴァッテッド・モルト(グレインと混ぜず、モルトウイスキー同士を混ぜたもの)が販売された時期があったという。ポットスチルは2基で、仕込み用水はロッホ・ダンケルケイグの水を利用していた。

ミルバーン

スポンサーサイト

Trackback [0] | Comment [0] | Category [モルトウイスキーの知識] | 2015.01.12(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 検索フォーム
 カテゴリ
 最新記事
 おすすめ!
 最新コメント
 最新トラックバック
 月別アーカイブ
 FC2カウンター
 メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 おすすめサイト!
 RSSリンクの表示
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。